私が美容、美肌に目覚めたきっかけとコンプレックスからの脱却術

5

私は27才の男で一般の会社で働くサラリーマンです。一度髭を剃らずに毛抜きで頬の髭を抜いたことがあります。当時私は髭剃りががめんどくさくて仕方がなかったのです。髭を剃るだけでは毛根はまだあるので次の日朝起きるとまた剃らないといけないのですが毛自体を抜いてしまえば数日から一週間の間は毛自体が生えてこないので髭剃りをする必要がなくなるのではないかと考えたからです。次の日朝起きると確かに毛は生えてきていませんが抜いた毛穴が傷跡となりそこから白ニキビができていました。失敗でした。抜いた毛穴ごとにニキビが出来ていたのでそれはもう酷い状態となりました。私は家を出ないといけない時間も迫ってきていたこともあり、このままじゃ外出できないと思いながら焦って白ニキビを潰して膿を出しました。すると顔から白い点々はなくなり赤く膨れているだけとなりました。その日はそれでよかったのですが時間が経つにつれてニキビを潰したことを後悔するようになりました。ニキビを潰したところが傷跡となりそれがニキビ跡として変化してしまったのです。こんなことなら我慢して触らない方がよかったと悔やみました。この事件以降私は美肌に関することやニキビ跡の治し方などを調べまくりました。ニキビ跡の治し方ですがまず洗顔をした後イオン導入機能のある美顔器で肌を美容成分の浸透しやすい状態に持っていき、ビタミンC誘導体やプラセンタ、トラネキサム、アミノ酸などの美容成分を含んだ化粧水を使うといいと分かり実践しました。こうすることで私の肌は2,3カ月かけてもとの綺麗な肌に戻っていきました。ちなみに自然治癒の場合でも1年くらい時間はかかりますが治るそうです。私は新しいニキビを作らない為に洗顔料を泡立てて泡で洗うなど正しい洗顔方法をし日々美肌作りを続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です